業務効率アップや製品開発に欠かせないCADに注目!


作業をスムーズに進めるにはソフト選びが肝心

平面だけでなく様々な角度からの見栄えにこだわって製品開発を行うには、紙上での製図を続けるのでなく早期にCADソフトの導入を視野に入れるのがポイントです。たとえば、製品開発に携わる現場において、複数人のメンバーがチームを組んで作業を進めるうえで、様々な機能の使いやすさや画面の見やすさなどにこだわってソフトを選ぶ必要があります。最近では、デザインや建築、機械製造といった特定の分野に適したソフトの数も増えています。そうした中、業務中にメンバー間でCADデータを共有しながら、スムーズに作業を完了させるには、経営者の独断でなく現場のメンバーの意見を聞き取って、使い勝手が良いソフトを採用することが大切です。

CADに慣れていないメンバーに対しては研修を行おう

CADを活用しながら新製品の開発や、過去の製品の改善を行いたい場合には、一人ひとりのメンバーが正しくソフトを使いこなせなければなりません。特に、文系出身でCADに触れてこなかった人や、他の業種から転職をした人は、ソフトの操作方法を覚えられるまでにある程度の期間が必要となります。また、ソフトの種類によっては所定の操作を行うために専門的な知識や技術を要することもあるため、業務の合間にメンバーの経験やスキルに応じた研修を実施すると良いでしょう。その他、自社内でCADソフトの使い方を上手く指導できる人材が不在であれば、外部の講師に研修を依頼して、個々のメンバーのスキルに合わせてマンツーマンで指導をしてもらうのも有効です。

水道CADとは、上下水道の配管図面設計をコンピュータで行うソフトのことです。平面図、縦断図、立面図をそれぞれ自動で作成することが出来ます。